謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

旧年中お世話になりました皆様に、改めてこの場で御礼申し上げます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

また、今年ご縁のできる皆様とは、お目にかかれる日を楽しみにいたしております。

オランダは例年通り、一般家庭がそこらじゅうで打ち上げる花火の爆音と煙に包まれた年越しでした。

大晦日の夜は雨天との予報でしたが、新年を迎えるころのオランダ南部は綺麗な月夜。ここ数年みたことのない快晴の空に、例年よりも大きく華やかな花火が次々と上がりました。気温も7度ほどと比較的温かく、しばらくは足踏みすることもなく沿道で空を見上げておりました。

深夜に2時間以上続く爆発音は、幼い子供やペット、戦争地域からの難民を恐怖させるのですが、問題は騒音ではなく、花火事故による死傷者です。毎年死者は1桁、失明する人や重度の火傷を負う人、手指を損失する人などが500人近く出ます。今年は、子供たち全員にゴーグルを配布した市もあり、それで子供の失明事故が大幅に減ったと報じられました。

町によっては、路上で多数の車が放火されたり、花火を乱用する暴力行為も発生するため、警官や救急隊員が多忙を極める夜でもあります。

こういった諸々の弊害から、素人打ち上げ花火大会は廃止すべきだという声が年々強まっていますが、廃止されたら花火を揚げる楽しみが完全に奪われてしまいます。また、大輪の花火を楽しめるのが、大勢でごった返すイベント会場だけ、ということになります(玄関先で、頭上に大輪の花火が炸裂する醍醐味は、オランダならでは)。

怪我をするリスクも含め、あくまで自分で決めることを重視するのがオランダを代表する価値観のひとつですが、果たしてこのワイルドでアナーキーな伝統は、いつまで継承され続けるでしょうか。

トマトワールドに行ってきた!

実に半年振りのブログ更新です…。

は出張の季節。欧州各地でさまざまな国際見本市が開催されることもありますが、なんといっても欧州企業の担当者が長い夏休みから戻ってきて来客解禁になるので、各種企業・団体への訪問が各段に増えます。

おかげさまで通訳業も忙しい時期です。今秋は、10年以上前に現地企業で働いていたころ一度お目にかかったお客様(!)や、数年来のお客様に紹介していただいた方からご依頼を受けたり、開設して1年になる放置気味のウェブサイトが、なぜかGoogle検索で上位掲載されるようになり、まったく初めての方からもご連絡をいただくようになりました。

日本でサラリーマンをしていた頃、残業する同僚が「仕事の報酬は仕事!」と冗談めかして言っていましたが、フリーランスになってまさにそれを実感しています。再び声をかけていただけることは本当に本当に光栄なことで、何よりの励みです。

さて、今回の話題は、オランダの施設園芸(水耕栽培)。革新と効率をキーワードに国際競争力を保っている、この国を象徴する産業分野といえるでしょう。生産性を極めた大規模営農で知られ、日本から視察に来られる方も後を絶ちません。これまでに担当させていただいた案件で訪問した先は、すぐ思い出せるだけでも、農科大学・研究機関のワーヘニンゲン、種苗会社や育苗会社、生産者組合、オークション会場、選果工場、圃場…と実に多岐にわたります。

そして、今回初めて訪問したのが、「トマトワールド」という体験・教育センターです。 続きを読む トマトワールドに行ってきた!

2017キューケンホフ公園

気づけば今年ももう4月後半。
第一四半期は出張や移動が多く、特にあっという間でした。

数年来の通訳のお客様が今年もオランダへ来られたのですが
チューリップの季節は初めてということで、会議終了後に
キューケンホフ公園にお連れしました。

あいにくの曇天、気温は10度余りと、お客様にはちょっと寒かったので
場内を半分ほど見て引き上げましたが、平日なのに大盛況でびっくり。

週末ほどではないものの、会場を出たのが夕方4時ごろだったので、
来場者の帰宅とラッシュアワーが重なって、大渋滞…。
公園のある町Lisse(リッセ)を出るのに30分かかってしまいました。
お客様がスキポール空港でお泊りだったので助かりましたが、
これでアムス市内だったら何時にホテルに戻れたことやら。 続きを読む 2017キューケンホフ公園

行ったり来たり

フリーランスにしては、今年はよく飛行機に乗りました。
なんと計9回。うち4回は欧州圏内で、後の5回は長距離。
特に日本へは4度も行きました。

仕事と私用を兼ねてではありますが、
こんなに頻繁に帰ると有難みが薄まってしまいます。

エコノミークラスの何とも言えない窮屈さと
気圧の変化による何とも言えない気持ちの悪さは
年を追うごとに辛くなってくるのですが、
そうかといって船で行くわけにも参りません。

同じ日本行きでも、窓外の景色は毎回違い発見があります。
特に今秋の東京行きでは、離陸後5時間くらいだったか、
機内も消灯されてひっそりしている時間帯に
漆黒の星空を見たくなり、ブラインドを上げました。

ところが遥か雲の上なのに、空が煙っていて星が見えない。
不思議に思いながらしげしげと眺めていると、その煙った空が
カーテンのようにゆっくりと形を変えていくではありませんか。 続きを読む 行ったり来たり

気づけばもう1ヶ月…

日記をつけようと思って続いたためしがないので、ブログの定期的なアップもなかなかできないだろうな、と思っていたのですが、サイトを立ち上げて一ヶ月近くが経過してしまいました(汗)。

季節的なこともあるのでしょうか、今月は工場のGMP監査が続きました。
いずれの依頼主も、すでに何度か通訳をさせていただいたことのある企業ですが、監査対象品目や製造工場の体制、前回監査以降の状況、監査官のアプローチ、そして監査を受け入れる側の準備態勢などにより、毎回その内容は異なります。

薬学を学んだ者としての基礎知識はあれど、原薬、中間体、添加剤などの製造の背景には、膨大な専門知識とサイエンスがありますので、現場で実際に製剤業務に携わったことのない身としては、毎回事前資料を精読しながら、門前の小僧の心持ちになります。

委託製造業者の監査は、その原材料を用いた医薬品の品質を確保し、日本で安定的に供給する上で、とても重要な業務です。一昔前に日本を離れ、いわゆる薬剤師とは異なる立場で働いておりますが、こうして日本国内での医薬品供給に多少なりとも関わらせていただけることは、大変に光栄なことだと思っています。

また、現場をご存じの専門家の方から、いろいろなお話を伺えるのも非常に興味深く、「通訳をやっていてよかった」と思える理由のひとつです。

なかなか特殊な分野ではありますが、今後もコンスタントにGMP監査の通訳を担当できたら、と思っています。

次回は、国外出張で経験したあれこれについて書いてみたいと思います。

ではまた!

はじめまして

ここ数年、ウェブサイトを作ろう作ろうと思いながら、
忙しさにかまけて先延ばしにし続けてきましたが、
やっと、開設いたしました。

通訳・翻訳の仕事は長くやってきましたので、
いまさらと言われてしまいそうですが、
Better late than neverですよね。

翻訳と異なり、通訳というお仕事は、必ず
お客様とお目にかかり、一緒にさせていただきますので、
できれば早い段階からやりとりをさせていただき、
ご出張やプロジェクトの目的、背景事情をよく理解して、
臨みたいと思っております。

このウェブサイトを通じて、新たなご縁に恵まれますよう、
願っております。

どうぞよろしくお願いいたします。